本文へスキップ

冷凍カニの15分解凍方法 地元漁師さんに教わった解凍方法

冷凍毛ガニを15分で解凍する地元漁師さんの解凍方法とは?

冷凍毛ガニの15分解凍方法:地元漁師さんの解凍方法!

※この15分解凍方法は、急いでいるときに手っ取り早く解凍する方法です。地元漁師さんがおすすめの解凍方法です。

カニの15分解凍方法:地元の漁師さんおすすめの解凍方法

冷凍カニを冷蔵庫でじっくりと解凍する時間なんてありません!という方におすすめの15分解凍方法です。

地元の漁師さんおすすめの15分解凍方法

この方法は、地元の漁師さんが、カニを食べる時に、手っ取り早く解凍してしまう方法で、お手軽な茹でたての味が楽しめます。

なお、下記の<1>で大きめの鍋にたっぷりの水を入れる際の塩加減は、お好みによって調整してください。水に対して塩が3.5%は、海水に近い塩分濃度です。

<注意点>

  • ●塩加減はお好みによって、調整してください。なお、上記の塩分濃度3.5%は、海水に近い濃度です。それよりも辛いほうが良いかどうかで、塩加減を調整します。
  • 毛ガニなどの姿蟹は、カニの中心部分が冷たい場合があります。しかし、15分を超える解凍をすると、カニを煮ることになります。冷凍カニは、既にプロの手で理想的に茹でられているため、カニを煮ると、二度茹でになって、カニの味が落ちてしまいます。
  • ●ですので、15分間以上火を止めずに茹で上げると、過剰な二度茹でになり、風味を損ないます。
  • ●基本的に一度で食べきるのがオススメですが、食べきれないときは、濡れた新聞紙、またはラップなどで包み、袋に入れて冷蔵してください。
  • ●特大サイズのタラバガニや毛ガニなどで、鍋に入らない場合は、じっくり時間をかけて冷蔵庫で解凍することをオススメします。

上記の方法は、大きなお鍋とお湯を使う15分解凍方法です。

大きなお鍋がない時は、以下のような、一番正当な「プロに教わった解凍方法」で解凍しましょう。

毛ガニのプロに教わった「冷凍カニ」の解凍方法とは?

冷凍ガニを購入すると、説明書に、「7~8時間ぐらいかけてゆっくりと自然解凍してください」と書かれていることがあります。

自然解凍とは、室内などの常温の環境に放置して、時間の経過とともに、解凍する方法です。

しかし、冷凍カニの理想的な解凍方法は、室温で解凍するのでは速すぎで、温度によっては味噌が流れ出すことがあります。ですので、冷蔵庫内でゆっくり解凍するのが理想的なのです。このようにゆっくりと時間をかけて解凍すると味噌は流れません。

冷凍の毛ガニを美味しく解凍する方法は、冷蔵庫内でゆっくり解凍することです。毛ガニのプロに教わった方法です!

  • その方法は・・・
  • 1)搬送してきた際に、カニを包んでいる紙をとります。
  • 2)甲羅を下にして、お腹の側を上に向けます。これで、カニ味噌が出るのを防ぐことができます。
  • 3)新聞紙や厚手のキッチンペーパーでカニを包み、ラップを巻くか、ビニール袋に入れます。これは、水分蒸発を防ぐためです。また、冷蔵庫内がカニ臭くなることを防ぐことができます。
  • 4)深めの皿やパレットに入れます。解凍時に水分が出るので受け皿になります。
  • 5)冷蔵庫に入れて36~48時間解凍します。

解凍時の注意点

  • ●急ぎの場合は常温で4~6時間かけて解凍します。ただし、暖かい部屋で解凍すると、旨みが損なわれます。できるだけ、冷蔵庫で解凍するのが理想です。
  • ●蒸し器や電子レンジで解凍するのは、ダメです。このような方法で急速に解凍すると、せっかくのカニの旨みが損なわれます。
  • ●また、解凍後に再冷凍すると、旨みが損なわれますので、やめましょう。

上記のように、冷蔵庫に入れて36~48時間解凍しなくても良い方法があります!

それは、毛ガニの場合、新聞紙やキッチンペーパーに包んで、ビニール袋に入れた状態で冷蔵庫に入れて、約24時間解凍します。ここが、違うところです。冷蔵庫に入れて36~48時間解凍すれば、ほぼ完全に解凍がすみますが、これでは2日もかかります。

冷蔵庫に入れて約24時間解凍する方法の場合

冷蔵庫に入れて約24時間解凍する方法では、7~8割程度の半解凍の状態で、カニの中央の芯の部分はまだ凍っている状態で、冷蔵庫から出してしまう方法です。そして、さらに、上記のように半解凍した後に冷蔵庫に入れて数時間で完全解凍する方法です。

解凍後に、毛ガニを温めて食べる方法

解凍後に、温かい毛ガニが食べたいときに、毛ガニを温めて食べる方法です。

※この方法は、必ず、毛ガニを解凍してから行ってください。カニを煮てしまわないように、さっとくぐらせるのがコツです。

  • 1)鍋に水を入れ沸騰させます。
  • 2)火を止め、大さじ一杯ほどの食塩を入れます。
  • 3)解凍済みの毛ガニをさっとくぐらせる。

毛ガニを短時間で解凍したいときの他の解凍方法は?

上記のように、一番美味しく食べられる解凍方法は、カニを冷蔵庫に入れてじっくりと解凍することですが、このような解凍方法だと、時間がかかってしまいます。

そのため、漁師さんおすすめの15分解凍方法を上記にご紹介しましたが、もっと簡単に解凍する方法があります。ただし、冷蔵庫の解凍よりは多少味が落ちますが。

その方法は、流水解凍法です!

流水と言っても、水道の水を直接、ジャンジャンかけるという方法ではありません。

この流水解凍の方法を順次ご説明します。

  • 1)水が直接触れると、カニの旨味が逃げてしまいますので、旨味を逃がさないように、ビニール袋に毛ガニを入れてから、袋の内部の空気を抜きます。
  • 2)そして、それをボウル等に入れて、水道の水を流しながら水にひたし、約30分ほど待ちます。約30分というのは、15分解凍法に比べると時間がかかるようですが、冷蔵庫を利用した解凍方法に比べるとかなり短時間になります。それに、15分解凍法のように湯を沸かす必要はなく、水道水を使うだけですから手間もかかりません。
  • 3)この流水方法の場合、7~8割程度の半解凍(カニの中心がまだ凍っている状態)を目安にして終了します。それ以上行うと、解凍が進みすぎて旨味が逃げていしまいます。
  • 4)そして、上記のように半解凍した後に、冷蔵庫に入れて完全解凍させると、加熱の必要もなく、そのまま美味しく食べることができます。

ただし、この流水解凍法は、冷蔵庫に入れる解凍に比べると多少味が落ちてしまいますので、何よりもカニの旨味を保ちたい方は、やはり時間をかけて、ゆっくりと冷蔵庫で解凍することをおすすめします。

▼ 毛ガニなら、ヤフー売れ筋NO1の【かにまみれ】

【かにまみれ】 の一番人気は?

無添加 浜茹で毛ガニ【業界最高3~4特ランク堅蟹】

【かにまみれ 人気NO1】無添加 浜茹で毛ガニ【業界最高3~4特ランク堅蟹】(400g~600g) 別格の雄武産

「かにまみれ」は、新鮮な4大蟹を中心に北海道近海で獲れた海産物を全国へ直送しているお取り寄せ通販店です。

「かにまみれ」といえば、毛ガニ!

そのかにまみれの毛ガニが、yahoo!売れ筋ランキング「毛ガニ」カテゴリで1位を取った理由は、業界水準最高クラスの一番蟹「3特・4 特」を独自ルートで毎日買い付けているからです。

おすすめは >> かにまみれの浜茹で毛ガニ

※他にも毛ガニのおすすめ通販店はたくさんあります >> 毛がに通販ランキング

「かにまみれ」の毛ガニが、通にも愛される理由は?

本場の北海道でも、一番美味しいのが毛ガニです!

蟹の本場・北海道で、「いちばん美味しいカニは?」と尋ねると、ほとんどの人が、毛ガニが一番美味しいと答えるようです。

それでは、毛蟹のなにが美味しいのかと尋ねると、毛ガニの独特の甘さ、ジューシーな食感、特に、口の中でクリーミーにとろける蟹味噌は最高!と、叫んでしまいます。

若いカニは、まずい? 堅蟹は、蟹味噌も濃厚!

ただし、蟹味噌の食感は、毛ガニのランクによってかなり異なります。

若蟹とは脱皮したばかりの若い蟹のことですが、身の入りが悪く、せっかくの蟹味噌が水っぽく「ゆるく」なっています。一方、脱皮を終えて甲が硬くなった極上蟹のことを堅蟹と言いますが、身がびっしりと詰まっている上に、蟹味噌も濃厚さを増します。

そんな極上蟹も、身の入り具合によって、1特から最高で4特というランクが付けられています。高級な料亭でも3特毛蟹が中心で、4特毛蟹は仕入れの困難さからなかなか流通することがないのが現状です。

かにまみれは、3特・4特毛ガニの安定した仕入れを実現しました

このように、入手が困難な業界最高水準の3特4特毛蟹ですが、かにまみれでは独自のネットワークを使って入手し、販売しています。

さらに、かにまみれでは、ボイルの状態やグレースの状態についても独自の厳しい基準を設けており、その基準をクリアした蟹のみを発送するようにしています。

その成果もあって、かにまみれは、Yahoo!ショッピッングの売れ筋ランキング毛蟹部門や、お中元売れ筋ギフトランキングで共に1位の評価を得ています。

3特、4特毛蟹を一度食べると、やみつきになることは間違いなし!

このように、貴重な3特、4特毛蟹を一度食べると、やみつきになることは受け合いです。

通販で届いた毛蟹を手で持った時にズシッと感じる重さ、すばらしい身の詰まり具合、さらに、蟹味噌の濃厚さを味わってください。


このページの先頭へ