毛ガニを通販で!毛ガニ 通販店 取り寄せ

毛ガニを通販で!毛ガニをどの通販店で取り寄せますか?

毛ガニを通販で! どの通販店でお取り寄せしますか?

毛ガニは、かにの中でも味がもっとも美味しいと言われています。
そのまま食べてもよし、調理してもよし、毛ガニのミソは絶品でツウの人は、お酒のお供に食する人も多いのが毛ガニです。

肝心なことは、毛ガニをどの通販店でお取り寄せすればよいのでしょうか?

毛ガニを通販で

毛ガニを通販で!毛ガニ 通販 カニ味噌

毛ガニ通販ランキング:TOP5をダイジェストでご紹介!

まずは、毛ガニ通販ランキングのTOP5をダイジェストでご紹介!

詳しくは後記で、ご説明!

毛ガニ 通販 おすすめNO1 【かにまみれ】毛ガニ 最高級3~4特堅蟹

毛ガニ 通販 おすすめ かにまみれYahoo!ショッピッングの売れ筋ランキング毛蟹部門&お中元売れ筋ギフトランキングで1位を獲得

「かにまみれ」で一番のおすすめは、人気と出荷数でNO1の、浜茹で毛ガニ。業界最高3~4特ランク堅蟹(380g/600g) です♪

毛ガニ 通販 おすすめ 詳しい説明は >> このページの下方へ移動します


毛ガニ 通販 おすすめNO2 【かに本舗の通販店】 匠本舗の毛ガニ

毛ガニ 通販 おすすめ カニ本舗かに本舗と言えば、年末に爆発的に売れる「かにしゃぶむき身セット」が有名ですが、毛ガニも最安値で提供しています。

【かに本舗の通販店】で一番のおすすめは、北海道浜茹で毛がに姿です。

毛ガニ 通販 おすすめ 詳しい説明は >> このページの下方へ移動します


毛ガニ 通販 おすすめNO3 【美食市 北海道長万部産】黄金毛ガニ

毛ガニ 通販 おすすめ 美食市黄金毛ガニ美食市は、北海道長万部産の希少な最高級毛ガニ「黄金毛ガニ」が唯一取り寄せられるカニ通販サイトです。

「黄金毛ガニ」で一番のおすすめは、中サイズ(450g)1杯約4,000円

毛ガニ 通販 おすすめ 詳しい説明は >> このページの下方へ移動します


毛ガニ 通販 おすすめNO4 【マルゲン後藤水産】大型毛ガニ

毛ガニ 通販 おすすめ マルゲン後藤水産マルゲン後藤水産は、郵便局のお年玉景品商品納入実績のある会社として、信頼も大ですし、マルゲン後藤水産の毛ガニも安いですから、大量買いができます。

【マルゲン後藤水産】で一番のおすすめは、大型毛ガニ姿約1.5~1.7kg分(約2~3尾前後)

毛ガニ 通販 おすすめ 詳しい説明は >> このページの下方へ移動します


毛ガニ 通販 おすすめNO5 【カネキタ北釧水産】まかない用毛がに

毛ガニ 通販 おすすめ カネキタ北釧水産カネキタ北釧水産株式会社は、北海道の釧路で蟹の大卸という老舗です。だから、ワンランクもツーランクも品質の高いカニを届けてくれます。

【カネキタ北釧水産】で一番のおすすめは、まかない用毛蟹!

毛ガニ 通販 おすすめ 詳しい説明は >> このページの下方へ移動します


毛ガニを通販で手に入れて、食べる! どのように食べても美味しいのが毛ガニ! 特に、蟹味噌が最高ですね!

カニの産地の北海道で人気なのは、なんといっても毛ガニです。

カニ通は、毛ガニを好みます。毛ガニの濃厚な味は、カニの王者と言っても過言ではありません!

毛ガニのカニ身 カニ味噌

カニ本来の濃厚で凝縮された甘みの「カニ身の旨味」、さらにもう一つの魅力「カニ味噌の旨味」。どちらもが楽しめるのが毛ガニです。

この毛ガニを通販でお取り寄せできる通販サイトをご紹介します。

毛ガニは、カニ通が旨味を楽しむタイプのカニです。毛ガニの一般的なサイズは、400〜600gで横幅15〜18cmと小ぶりです。毛ガニは、大型のタラバガニのようにムシャムシャとガブ付いて食べるカニではありません。

毛ガニはカニ身を味わうほかに、もう一つ、とっておきの味わい方に、カニ味噌を堪能する!という楽しみ方があります。とろけるような濃厚の旨味は、カニの中でも最高と言われ、かに通を虜にするほどです。


   毛ガニはどの通販店で取り寄せるか?
   これが、毛ガニを楽しむポイントです!

お好みに合わせてお選びください↓↓↓

毛ガニは、毎年、売り切れも早いですから、お早めに!

【かにまみれ】毛ガニ 最高級3~4特堅蟹

かにまみれ 浜茹での毛ガニ

最高級3~4特堅蟹がお好みの方は、
【かにまみれ】がオススメ

「かにまみれ」は、毛がに通販サイトとして、Yahoo!ショッピッングの売れ筋ランキング毛蟹部門&お中元売れ筋ギフトランキングで1位を獲得した実績のある優良通販業者です。

この「かにまみれ」で一番のおすすめは、人気と出荷数でNO1の、浜茹で毛ガニ。業界最高3~4特ランク堅蟹(380g/600g) です♪

「かにまみれ」の4特毛ガニは、身入りがとにかくすごい!

水産業会ではカニの身入りを表す規格があり、1~2特は量販店、3特は高級店で多く扱われます。

ところが、「かにまみれ」では、厳しい審査をクリアした3特~4等の毛ガニだけを取り扱っており、身入りの良い上質な毛ガニが、1杯(380g/600g)から購入できます。

ですので、身がぎっしりと詰まった4特毛ガニを食べたいときは、「かにまみれ」の浜茹で毛ガニがおすすめです。

 詳細は公式サイトで
>> 【かにまみれ】業界最高水準「4特」

【かに本舗の通販店】 匠本舗の毛ガニ

かに本舗の通販店 『匠本舗』 毛ガニ

北海道浜茹で毛がに姿なら
安価で量が多い 【かに本舗】がオススメ

かに本舗と言えば、年末に爆発的に売れる「かにしゃぶむき身セット」が有名ですが、毛ガニも最安値で提供しています。

オススメは、北海道浜茹で毛がに姿です。

量が多く1匹あたりの値段が安価! たっぷり食べたい方におすすめです!

毛ガニ約4kg(10~11杯)が 税込みで16,800円(8,000円以上だから送料無料)

送料が980円(クール冷凍便)かかりますが、1杯あたりの値段は格安です。代引き手数料が無料なのも嬉しいです。なお、8,000円以上で、送料無料になります。

約4kg(10~11杯)ですから、3~4人の家族なら、みんなで食べても、何回か食べられる量です。

10~11杯の毛ガニは多すぎる、という方に、3杯分の北海道浜茹で毛がに姿をおすすめします!

10~11杯の毛ガニは多すぎるという方には、約400gの毛ガニが3杯分(合計約1.2kg)の北海道浜茹で毛がに姿が、5,800円から販売されています。
(なお、この毛がに姿3杯分は、毎年すぐに完売になりますから、ご確認を!

北海道浜茹で毛がに姿の食べ方

商品が到着すると、冷蔵庫で1日程度、または常温で8時間程度、じっくりと解凍するのがコツです。時間をかけて解凍したほうが、味が落ち着いて、おいしくいただくことができます。

ボイルカニは茹で加熱済みなので、解凍した後は、そのまま美味しく食べることができます。職人さんが絶妙な塩加減で茹で上げた毛ガニですので、料理の手間も面倒ではありません。

詳細は公式サイトで
>> 『匠本舗』北海道浜茹で毛がに姿

【美食市 北海道長万部産】黄金毛ガニ

北海道長万部産の希少な最高級毛ガニ「黄金毛ガニ」

長万部産黄金毛ガニがお好みの方は、
【美食市】がオススメ

美食市は、北海道長万部(おしゃまんべ)産の希少な最高級毛ガニ「黄金毛ガニ」が唯一取り寄せられるカニ通販サイトです。

長万部のある噴火湾沿岸には数々の温泉が点在しており、この温泉のミネラルは海へ流れ込んで、毛ガニのえさになります。そして、ミネラルの豊富なエサを食べた毛ガニは、きめ細かい繊維を作り、独特の甘みとなります。

もちろん、「黄金毛ガニ」の場合、毛がにの「ミソ」も異なり、コクと甘みも他の毛ガニとは、ぜんぜん違います。

なので、「大変美味しかった。通販サイトなので、あまり期待していなかったが、良い意味で裏切られた」という利用者の声も聞かれるほどです。

「黄金毛ガニ」でおすすめは、中サイズ(450g)1杯約4,000円。

贈答品としても最適な、900g前後(2~3人前)の希少な特大サイズも扱っています。

「黄金毛ガニ」の食べ方

この「黄金毛ガニ」も、ボイルカニですから、茹で加熱済みなので、解凍した後は、そのまま美味しく食べることができます。

「黄金毛ガニ」の場合、毛ガニの他に、キッチンハサミと写真入りの「毛ガニのさばき方」も一緒に送ってもらえるという嬉しいサービス付きです。

送料は全国一律864円。7,500円以上(毛ガニ2杯以上)で送料無料になります。

詳細は公式サイトで
>> 北海道長万部産の黄金毛ガニ【美食市】

【マルゲン後藤水産】大型毛ガニ

マルゲン後藤水産の毛ガニ

大型毛ガニ姿がお好みの方は、
【マルゲン後藤水産】がオススメ

マルゲン後藤水産は、郵便局のお年玉景品商品納入実績のある会社として、信頼も大ですし、マルゲン後藤水産の毛ガニも安いですから、大量買いができます。

【年末年始配送もOK】【送料無料】今年は収獲量不足で滅多に手に入らない貴重な特大毛蟹約571g~667g×2尾(冷凍)が、8,891円(税込み)です。

マルゲン後藤水産の毛ガニは、とにかく大きい!

おすすめは、大型毛ガニ姿約1.5~1.7kg分(約2~3尾前後)
楽天市場のランキングで「第1位」を獲得!(デイリーランキング 毛ガニ部門)

一般的には、300g前後の小さめの毛ガニが多いなか、マルゲン後藤水産の毛ガニは600g前後と2倍大きめの毛ガニです!これだけ大きな毛ガニは、市場でも珍しく、大変貴重です。

ですので、タラバガニやズワイガニもいいけど、毛ガニが食べたい!
どうせなら、特大の毛ガニを食べたい!という方におすすめ!

詳細は公式サイトで
>> かに通販マルゲン後藤水産の「大型毛ガニ」

【カネキタ北釧水産】まかない用毛がに

カネキタ北釧水産株式会社は北海道の釧路ではカニの老舗

訳あり毛ガニがお好みの方は、
【カネキタ北釧水産】がオススメ

カネキタ北釧水産株式会社は、北海道の釧路で蟹の大卸という老舗です。だから、ワンランクもツーランクも品質の高いカニを届けてくれます。

毛ガニをたっぷり食べるなら、まかない用(訳あり)が一番安い!

大量にカニを仕入れたとき、甲羅から足がはずれてしまったりする毛ガニが出てきます。そういう毛ガニが、まかない用毛ガニですから、超お得なことは間違いなし!

でも、もちろん、味も美味しさも変わりなし!たくさん食べられる分、毛がにの美味しさをたっぷり堪能できます!

釧路のかに専門店「カネキタ北釧水産」では、水揚げされた毛ガニの中で、特に鮮度の良いものだけを仕入れて、自宅まで届けてくれます。

絶妙な塩加減で茹で上げた毛ガニだけではなく、夏場は活きた毛ガニも取り扱っています。

おすすめは、まかない用毛蟹!

お手頃な2~4尾で1.5kg前後入りは、8,500円!
4~8尾で3kg前後入りは 17,000円!

そのほかにも、大中サイズ(500g前後)、大サイズ(600g前後) 、特大サイズ(700g、800g、900g、1kg前後)と、様々な大きさの毛ガニが購入できます。ですので「かにみそを重点的に味わいたい」「かに身とかに みそ両方とも満足するまで食べたい」など、色々な要望に応じてくれるのがます。

まかない用から、ブランド毛がに「極」まで、希望や予算に合わせて、選びやすいのも良い所ですよ

詳細は公式サイトで
>> カネキタ北釧水産株式会社 まかない用毛ガニ

毛ガニを通販でお取り寄せ⇒その次に毛ガニの食べ方は?

毛がにの楽しみ方にも色々あります。
ここでは、浜茹でガニ・活毛ガニ・訳ありカニ・カニ味噌についてご説明します。

浜茹でガニ

毛がにの食べ方で最も好まれるのが、産地で茹でた「浜茹でガニ」です。浜茹でとは自宅で茹でるのではなく、プロが取り立ての毛ガニを専用の大釜で茹でるものです。

プロの使う大釜にはカニの出汁がたっぷり入っていて、その中で取り立てのカニを茹でるのですから、素人にはできない極上の味に茹で上がる!

ですので、おいしい毛ガニを食べるには、「浜茹でガニ」の冷凍を取り寄せ、それを自宅で上手に解凍するという方法が一番簡単に美味しい毛ガニを食べる方法になります。

活毛ガニ

毛ガニを刺身にして食べたい方は、活ガニをお取り寄せして下さい。

毛ガニの刺身を料理屋で食べるとなると値段も高価ですから、なかなか食べることができません。ですが、通販で活ガニを取り寄せれば、その心配はありません。

訳ありカニ

商品用の毛ガニは、甲羅が少々欠けていたり、傷があったりすると、正規の商品から外されます。このような訳ありガニは、まかない用として安く購入できるため、お料理には重宝するものです。

しかし、まかない用といっても、味には全く変わりがないものですから、大量に購入すれば、たっぷりと毛ガニを味わうことができます。これが、毛ガニのお得な食べ方ですね。

カニ味噌

毛ガニを食べる楽しみの一つは、カニ味噌にあります。毛ガニのカニ味噌の味は、濃厚でクリーミー、カニ身をカニ味噌に付けて食べるのも美味しい食べ方です。そして、お酒のお供にも、どうぞ!


毛ガニ 通販 おすすめ【毛ガニの情報あれこれ】

<目次>

毛ガニは、いつが一番おいしい?

毛ガニの旬は、冬だけではありません。

毛ガニは、一年中どこかで水揚げされています。春はオホーツク海、夏は噴火湾、秋は釧路および根室沿岸、冬は日高沖、十勝沿岸という具合にです。

ただし、漁獲は、甲長8cm以上のオスのみが許可されているため、北海道産のメスの毛ガニは食べることができません。漁獲高が減らないようにするためです。

毛ガニの通は、身の甘みが最高の「若ガニ」を好みます

春先に獲れる「若ガニ」は脱皮したばかりで、身入りが少なく、蟹ミソも少ないのですが、毛ガニの「通」は、殻も柔らかく、身の甘みが最高の「若ガニ」を好むようです。ですので、あなたが「若ガニ」を好むなら、毛ガニの「通」かもしれません♪

一般的に好まれるのは「堅ガニ」

この若ガニは、夏から秋にかけて、身入りが良くカニミソも楽しめる「堅ガニ」と呼ばれるものに成長します。一般的に好まれるのは「堅ガニ」のほうです。

そして初冬から年末にかけて、毛ガニも寒さから身を守るために脂乗りが良くなります。1年の内でも毛ガニが一番おいしい時期で、毛ガニの需要も最高潮になります。

毛ガニは、食べたいときがおいしい時!1年中、お取り寄せできます。

上記のように、当サイトでは、お手頃の価格で北海道の毛ガニををお取り寄せできる通販店をランキングでご紹介しております。

毛ガニは冬だけ漁獲できるというのは誤解で、1年中、北海道の漁協のどこかで水揚げされています。ですので、1年中おいしく食べることができます。

従って、毛ガニを食べたいときは、冬でなくても上記の通販サイト等でお取り寄せすることができます。ですので、うるさいことを言わなければ、毛ガニは、食べたいときがおいしい時です!あとは財布との相談で、通販サイトからお取り寄せください。

毛ガニの解凍方法は?

チルドの浜ゆで毛蟹

一般的に通信販売で売られているカニのほとんどが冷凍カニですが、チルドのカニにこだわっている通販店もあります。その理由は、配送された後、そのまま食べることができ、カニ本来の美味しさが出やすいからです。

一方、冷凍カニでも、今の冷凍技術は大変に高く、正しく解凍すれば(基本的に、冷蔵庫に入れて長時間をかけてじっくりと解凍すれば)品質低下はほとんど見られません。ですので、冷凍カニの解凍の仕方に注意をしないと、カニ本来のみずみずしさやプリプリ感が失われてしまう恐れがあります。

また、カニを贈答品として送る場合、お届け先様の都合でいったん保存する場合、冷凍カニのほうが安心ですね。

冷凍カニの解凍方法のポイント

解凍の仕方には、以下の注意点をぜひご参考にしてください。

 冷凍カニは室温ではなく、冷蔵庫の中で、ゆっくりと解凍してください。

解凍時間は、カニの大きさや種類にもよりますが、12時間~24時間程度を目安にゆっくりと余裕を持って解凍を行うのがコツです。

室温などで急速に解凍を行うと、蟹の旨みであるエキスが流れ出てしまい、身もパサパサになって、おいしいカニのうま味を失ってしまいます。

 冷蔵庫で解凍する際、乾燥を防ぐために、カニを新聞紙やキッチンペーパーで包んで水切りパットに入れ、ビニール袋に入れておけば万全です。

なお、時間の経過と共に、包み紙が濡れてきます。これはエキスが出ているのではなく、出荷前に乾燥を防ぐグレース(薄い氷の膜)処理をしたものが溶けただけなので問題ありません。

 毛ガニなどの姿(甲羅付き)を解凍する場合、カニみそが流れるのを防ぐため、カニを仰向けにして解凍を行うのがコツです。甲羅が下になった状態にします。

 カニ足などは、その日に食べる分だけを解凍してください。再冷凍すると、カニの質が低下します。ですので、解凍したものは全部食べてしまいましょう♪

 急速解凍は、なるべくしないほうが良いのですが、食事の時間に解凍が間に合わなかった時など、急速解凍が必要な場合は、カニをビニール袋に入れて流水で解凍する方法もあります。ただし、電子レンジでの解凍は絶対にダメです。

 かに鍋など茹でて調理する場合、冷凍状態のままで調理は行わず、冷蔵庫で6~12時間程度の半解凍の状態で調理されるのが最適です。

 焼きカニにする場合は、完全に解凍を行うのがおいしく食べるコツです。


毛ガニについて知っておきましょう!

毛ガニの特徴といえば、その名の通り、殻の表面が短い毛で覆われていることです。
ですので、毛ガニは見た目で判断しやすいですね。

毛ガニは、英語でも、「hair crab」と呼ばれています。また、毛ガニは、大栗蟹(オオクリガニ)とも言われており、これは、薄褐色の毛が栗のように甲羅を覆っているのでつけられたものと思われます。

毛ガニの見た目

毛ガニは、全体的に小さく、丸っとした四角形の甲羅を持っていますが、甲羅はあまり固くありません。この毛ガニの形は雄と雌とでは異なっており、雄は縦長の楕円形で、雌は幅広で円形、その背面は雄に比べて丸みが強いのが特徴です。

毛ガニの毛はアンテナの役割

なお、この毛ガニの毛は、機能的に周囲の動きを感知する役割をもっており、水流の変化で毛が動くことによって、敵の気配やエサの存在を感知すると言われています。

毛ガニの大きさ

毛ガニの大きさは、大きいものでは雄が15cm、雌が12cmになりますが、毛ガニ漁では、甲羅が8㎝以上となっている雄だけ、採取が許可されています。

現在、日本で採られている毛ガニは、甲羅が8cm以上の雄だけですね。それ以外の毛ガニが網にかかった場合は海へ返さなければなりません。毛ガニが高価なのは、そのように雄だけの、天然ものしか市場に出回っていないからかもしれません。

毛ガニの産地は?

毛ガニの産地は、アラスカ沿岸、カムチャッカ、朝鮮半島東岸など太平洋沿岸に広く分布しており、どの地でも美味しくて貴重な食材として人気のようです。人間の味覚はどこでも変わらず、毛ガニは洋の東西を問わず人気なんですね。

日本では、北海道と言えば毛ガニ、毛ガニは北海道の代表的な食材として知られています。北海道旅行に行ったら、必ず食べたいと思うナンバーワンの食材かもしれません。

毛ガニの食べ頃、旬はいつ?

カニの旬は冬だと思っている人も多いでしょうが、毛ガニは、冬だけが旬ではありません。北海道では、通年、どこかの漁場で毛ガニ漁が行なわれています。水揚げの時期によって微妙に味が違いますが、どれも美味しいのが毛ガニです。

春先に獲れる「若蟹」は、カニ身の量は少なめですが甘みが強く、夏から秋にかけて、カニ身の量も増えカニ味噌も美味しくなります。そして、冬の初めから年末にかけて、毛ガニは寒さから身を守るために動きが良くなり、脂の乗りも良いものが増えます。

ただし、冬になると、水揚げされる量が少なくなるのに対して購入量も増えるため、値段は高めに設定されるようです。

なお、毛ガニは他のカニと違い、大きさが500gを超えてしまうと旨みや風味が落ちてしまうため、少し小さめの300gくらいのものを選ぶと味も良くなります。

毛ガニは美味しい!

毛ガニが一番美味しいのは冬です。北海道や三陸で採れる毛ガニは、12月ごろから3月ごろまでの冬の季節が一番おいしいと言われています。毛ガニは、寒い海の中でプリプリに身が引き締まり、美味しい味噌をたっぷり蓄えた毛ガニとなります。

また、毛ガニは、タラバガニやズワイガニに比べると体全体が小さいのですが、その身は繊細で引き締まり、きめ細かなコクのある甘みを含みます。特に、毛ガニのカニ味噌は、濃厚な甘みと上品なコクがあります。口の中で広がるカニ味噌の風味は絶品で、甲羅にお酒を入れてカニ味噌酒として楽しむのが通の好みです。

毛ガニの美味しい食べ方は?

毛ガニの一番美味しい食べ方は、やはり茹でたてを食べることです。通販などで購入した毛ガニが、浜茹でなどで一度茹でてある場合、再度、茹でると、蟹の旨みや風味が消えてしまうため、味が大幅に落ちてしまいます。

食べ残った毛ガニを温める場合、茹でるのではなく、少量の日本酒をかけて蒸して食べると、身が乾かずに旨みや風味を損なうこともなく、しっとりとした食感を楽しむことができます。

また、通販で冷凍した毛ガニを購入した場合、電子レンジで解凍するようなことは避けて、冷蔵庫でじっくりと時間をかけて解凍するのがよいですね。間違えても電子レンジで解凍で解凍すると、旨みと風味も消え、身もパサパサになってしまいます。

>>こちらに正しい解凍方法はこちら

また、解凍中には解けた水分が出るので、新聞紙でくるむかラップをかけた状態で甲羅を下にして(水分を甲羅で受ける状態にして)冷蔵庫に一晩中おきます。

解凍した後は、そのまま食べても美味しいですし、サラダや茶碗蒸しなどに入れたり、サラダに入れたりして、色々な美味しい食べ方ができます。